介護求人サイトランキング

第1位 介護求人アイランド

  • 介護の仕事で認められたいならこちらの求人で転職

  • はじめて介護の仕事にチャレンジする方に最適なサイトです

  • 環境重視で介護の仕事を探すことができます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

介護求人アイランドに対するみんなの口コミ

高齢者に喜んでもらおうと、介護でやりたいことがたくさんあったのですが、前の職場ではなかなか受け入れてもらえませんでした。...
昔から高齢者の方と話をするのが好きで、なんとなく介護の仕事には興味がありました。転職を考えていたときにそのことを思い出し...
職業訓練で資格は取ったものの、ハローワークでは思うような場所や時間などの条件のものがなかなか見つかりませんでした。こちら...

理想の職場に出会える介護求人アイランド

自分にピッタリ合った理想の介護の仕事を追い求める方のために、仕事紹介のサポート体制が整っているサービスです。

第2位 介護求人パーク

  • 条件を絞り込める検索機能で探しやすい介護求人情報

  • 便利な会員機能で採用確率アップの可能性で

  • 中身が濃くてさらに充実したわかりやすい求人情報

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

介護求人パークに対するみんなの口コミ

介護の仕事に転職がしたいと思い、ただどんな場所が良いか無知だった私はこちらで無料会員登録をして決めました。企業の方から「...
借金をしてしまい、副業OKの介護求人を探していました。ですがあまり探す暇もなく、こちらのサイトで一括登録をはじめてみまし...
介護職で働いている友人からこちらのサイトを勧められました。私はこだわりが強い方なので、条件の絞り込み検索をし、自分にあっ...

仕事探しをする人の目線で作ったサイト

介護求人パークは、介護業界に特化した求人サイトです。職場の雰囲気をわかりやすくご紹介し、高収入、未経験者歓迎、オープニングの求人も豊富な求人サイトです。

第3位 e介護転職

  • 無料会員登録で会員だけのメリットを活用しよう

  • 続々と更新されている介護求人掲載数は最大級

  • 地域別に選ばれているオススメ求人で人気の求人がわかります

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

e介護転職に対するみんなの口コミ

介護の仕事を探す際に、こちらのサイトを利用しました。すぐにでも働きたかったので、こちらに掲載されている積極採用中の求人を...
副業として、空いてる時間に高時給でお手伝いができる介護求人を探していましたが、面接に行っても落ちたりしていて、少し落ち込...
こだわりの強い私に合った介護求人は無いかなと諦め半分で探していましたが、こちらのサイトにはありました。今まで何度も探して...

これからの日本を支える介護事業の応援

e介護転職は、介護現場が非常に厳しい経営環境の今、少しでもこの業界を下支えしたいとの思いで各分野のサービスを豊富に展開している介護求人サイトです。

第4位 カイゴジョブ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

60万人が会員登録している介護求人サイト

カイゴジョブは、60万人が会員として登録している介護求人サイトです。インターネットを使った求人情報探しが苦手という方であれば、電話相談でもスタッフが希望に沿った求人を探してくれます。

第5位 介護求人ナビ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

豊富な掲載求人数で簡単に比較ができる

介護求人ナビは、医療、福祉、介護の求人や転職のための求人サイトです。介護福祉士や、ケアマネジャー、ヘルパーなどさまざまな介護のお仕事情報が満載です。

全国の介護求人需要

老人と介護士拡大する一途の要介護者人口に対して、介護の手が足りないとして、日本全体で介護職の需要が高まっています。介護の仕事に就く者は、年々増え続けてはいるものの求める声には追い付かず、国は少なくともこの先十年は、介護業界の人材不足問題は広がり続けると予想するに至りました。
不足が著しいのは群馬や埼玉や栃木に千葉、茨城に宮城といった関東を中心にしたエリアで、介護職の需要もそれに応じて伸びる様子を見せます。加えて大都市の近くや高齢者人口の多い都市なども、サービスの品質が維持できるだけの、十分な人員を確保できているとはいえず、介護の求人は東京をメインに展開する転職サイトをも賑わせます。都道府県ごとの有効求人倍率が、他の業種と比べて軒並み高くなっている点から見ても、介護業界は純然とした売り手市場の最中にあるといって間違いはありません。
介護職の需要は、資格によっても左右されます。無資格者よりもホームヘルパー二級を取得者の方が、二級よりも一級の方が、就職には有利になるでしょう。収入のよい、ケアマネージャーや介護福祉士の求人に挑戦するにも、専用の資格が必要です。介護の現場で高い能力が発揮できる人に来てほしい、と乞われた時に応えられるよう、現実に甘んじず自分磨きに励むことが大切です。

介護求人の給与事情

手つなぎ介護職の給与は、世間一般に低いと認識されています。これはサラリーマンの平均月収と言われている、30万前後のラインを介護職の平均月収が10万円程度下回るからであり、心身を酷使させる仕事の内容に見合わぬものと言われます。
補足として、介護職のデータは介護にまつわる全ての職の給与を、まとめて平均としたものであるので、介護士の給与自体が一般企業のサラリーマンに遠く及ばないと示す事実はありません。家事とヘルパーの仕事を両立している主婦や、介護のノウハウを習得中の学生など、介護職の他にもやるべきことを持つ者の給与が、専業の会社員の所得に追いつかないのは当然のことです。
介護職の中では、有料老人ホームや介護サービス付き住宅で、常勤の介護職員をしている者の給与が高く、訪問介護のヘルパーよりも安定した収入事情を誇ります。それでも訪問介護の方には、柔軟性があって働きやすいというメリットがありますから、あくまでも自分の働きやすい職場を求めていくのが最良と言えるでしょう。
介護福祉士の求人が、看護助手の求人よりも、給与面で優れていることが多いのは、資格とそれに付随する能力を雇用側が評価してのことです。介護職にて、ヘルパーや介護福祉士の資格の取得は、給与のアップに直結します。

どんな人が介護で働いているの?

外国のおばあさん介護系サービスは長く、少数精鋭の専門家と、非正規雇用の主婦によって支えられていました。看護と家事の延長線にあって、介護という概念が確固たるものとなっていなかった時代のことです。
高齢化が進み、サービスの必要性が強く叫ばれるようになって、介護業界のあり方は、以前よりも先進的な方向に変わりました。就職難の情勢の中、需要のある職業とアピールしたことで、現在では若い世代からの注目度も高くなり、一時代前には希少な存在だった男性職員の数も増やしつつあります。今の自分にできる仕事というだけではなく、一生の仕事と意識して介護求人を探し、就職を果たす若者の姿は、介護系サービスの将来的な発展を予感させるものです。
看護助手の求人に応募した後、現場で経験を積んで今度は介護福祉士の求人に挑戦するというように、実践で得た知識を糧に資格の取得に挑み、自らをレベルアップさせながら第一線で働き続ける介護士もいます。介護業界は、学歴や職歴を問わず、上昇志向をもって働く者を歓迎する世界です。
介護士には優しい人や世話好きな人が多いとよく言われますが、過酷な現場は、感情や適性だけで勤め続けていられる場所ではありません。介護の現状に憂い、環境をどうにかして良くしたいと強く思う心は、どんな介護士の中にも眠っています。

介護士の男女比率は?

ストレッチ介護職の男女比率はホームヘルパーで男性2の女性8、施設介護員で男性3の女性7といったように、基本的に女性の割合が多いのが特徴です。看護師の男女比ほどには、介護職のそれは偏っていませんが、それでも世間から認識される程度には、介護士は女性社会です。
非常勤形態のホームヘルパーでは、特に主婦の雇用の多さが女性比率の高さに影響しており、家事の合間に働きたい女性の活躍の場所として、女性向け求人サイトにも取り上げられています。食事の支度や被介護者に代わっての家事代行など、主婦たちにとって慣れた仕事がホームヘルパーの業務の大半を占めることも、数を大きくする理由の一つと言えるでしょう。
一方施設職員の比率で、男性の割合がやや増えるのは定職とするにあたり、フルタイムの安定した勤務形態を求める者が集まるからだと予想されます。老人ホームや病院で、利用者のリハビリのサポートを担当する指導員など、一部のポジションでは自らのスキルを活かしたいと集まる男性の介護職者が、女性の求職者数を超えることも珍しくはありません。
ベットから車椅子への移動や、歩行の補助など、介護の仕事と肉体労働は切っても切り離せない関係の上にあります。男性と限定して募集を行う介護士求人が見られるのもそのためで、男性介護士の増加が、女性介護士の負担の軽減に繋がるのではとも期待されています。

▲ ページトップへ